星に願いを、月に祈りを

わたしがいつ何をしたか書いてあります。みなさんの生活に全く関係のないことです。

2017/08/10

まだ生まれて21年しか経っていないが、父のような、師匠のような、ボスのような、そのどれでもあるような、尊敬できる素敵な大人(しかも2人!)に出逢えた運命に感謝している。と同時にその人たちを見つけ出した自分のツキのよさ...運も実力のうちというならば、わたしの実力、を誇りに思う。

 

師の一人は鳥取に、一人は京都にいる。

 

前者は30歳、後者は40歳。前者は東大を出てる。後者は大学を出ずに飲食店の店長をしている。二人には共通点がある。それはとても真剣に生きているという点だ。背筋が伸びる。

 

二人とも、21歳の小娘の話を一生懸命聞いてくれるし、しっかりと意見を出してくれる。ダメなところはダメだと言ってくれる。絶対に無理やりわたしを変えようとはしない、わたしの成長を見守ってくれている。

 

とにかく尊敬できるんだ二人とも。

 

今日は2人目の話を書く

眠いからぐちゃぐちゃになりそう

バイト先の店長だ。本当にかっこいい。

週1日しか休みが無いのに、その日にスペイン語の勉強をしていて、最近ついに、外国からのお客さんとスペイン語でニコニコ笑いながら会話するようになってた。

今はスピードや目に見えるものが大切にされているけど、本当の本当に最後に残るのはしっかりとした芯を持つものだ。そういうのは一歩一歩地味に真剣に進むことでしか得られない。遠回りに見えるかもしれないけどコツコツやること、これが一番の近道。だから僕は自分の料理に妥協しないし、ずっといいものを目指してコツコツ腕を磨き続けたい。自分や、自分の奥さんや、自分の息子や、周りにいる大切な人たちに一点の曇りもなく誇れる生き方をしたいし、誇れる仕事をしたい。そうするつもりだ。そのために全力を注ぐ。全力で考える。全力で生きる。それってすごく楽しいことだよ。

 

って語りながらめっちゃ美味しい賄いを出してくれる

 

ここは京都の家だと思えばいいから。いつでも食べに来ていいんだよって言ってくださる

 

苦労したことも良かったことも経験を全部私に話してくれる、それは私のことを応援しているからで、私のことを期待してくれているから。こうやって適切な期待をかけられて私はどんどん元気になって、きっと再来年の春、この京都という土地から元気よく離れていける、

また帰れる場所があるとわかっているから元気よく旅立てる

2017/07/28

夜の散歩が好きだ

 

夜は街全体が静かで、昼に比べて刺激が少ない。刺激が少ない方が、自分が感じたり思ったりすることについて、それらを自分自身のものだとして認識しやすい。簡単に言えば、自分と向き合いやすくなるということだ。私は感受性の強い人間なので自分の感覚と向き合うことが好きだし、そのことに喜びを感じる。夜は、私が私自身を感じることができるように手助けをしてくれる。そのために色んなものを見せてくれる。

 

夜の街は本当に幻想的なんだ。全てが闇に包まれてしまう。昼間に見えていたものが見えなくなったり、逆に、昼間に見えなかったものが見えてきたりする。あれ、標識って、信号って、こんなに不気味だったっけ。誰もいない交差点って凄く美しい。川のせせらぎって普段こんなに聞こえないよな。月が綺麗だ、。他にも、例えば、何気ない路地が、不思議な世界に繋がる抜け道に見えてきたりもする。まぁ、実際にそんなことはないのだけれど。とにかくそんな他愛のない事を思いながらフラフラ歩くのが好きだ。周りの世界が暗くて不思議で危うく見えるから、それとは対照的に、自分自身をこの世界に存在している確かな実在として感じることができる。この瞬間、この気持ちだけは確かで、本当のものなんだと思う。今ある気持ちは、もしかしたら明日の朝には消えて無くなってしまうような、脆くて危ういものかもしれない。それでも今は確かにここにあるんだと信じられる。凄く刹那的だけど、命を削って瞬間を生きているようで私は好き。散歩が終わって家に辿り着くとき、結局、あるのは現実だけで幻想的なものは何もなかった、と、幻想的だったのは私の心だけで、世界はいつだって普通通りなんだ、と、思うことになる。それでも夜の散歩は好きだ。最後にこうやって現実に戻ってきてしまう淡白な終わり方も含めて、すごく良いんだ、夜の散歩は。

 

 

2017/07/16

一人で祇園祭に行った。自分で浴衣を着た。一目惚れをして買った、紫と白の、しっとりとした浴衣。舗装された道路をカランコロンと音を立てて歩いた。繊細な色使いで桔梗の花が描かれた扇子。仰ぐと、付けた香りが頬を撫でた。和の香り。街中が艶やかに色めいて誰も彼もが夢を見ていた。ハレの日だから。誰もが特別だった。誰もが主役で、だからわたしも主役だった。

 

したいことがたくさんある。

深夜の交差点の真ん中でホースで水遊びしたい。

誰かを癒す力がわたしに備わっていればいいのに。

海は涙を包んでくれる、だからわたしはあなたの悲しみを包む海になりたい。

だなんて思う瞬間がいつか来るのだろうか?

高いビルの屋上から大量の羽を撒き散らしたい。都会の真ん中で。

突然ですが今日で世界はおしまいです。

問題です。終末の日の夕焼けは何色をしているでしょうか?

原子の寄せ集めが何か喋ってる。

ねえ今日いきなり車を借りて遠い海まで夕焼けを見に行きたい。

なんてことを言ったら君はどんな顔をするでしょうか。

今この瞬間だって億千の星が頭の上に輝いているって考えたことある? 

だから何。

空と海の境界線が分からないような曖昧な景色は今世界のどこで見えるのか。

使わないもの全部全部燃やしちゃいたい。

思い出が煙になって地球に還る。そうして今度はまた誰かの思い出の一部へ。

祈る。何に?

会いたい人に今すぐ会いに行きたい。

出会うべき人に、出会うべきところで、出会うべくして出会いたい。

早く「その時」になればいいのに。

2017/07/11

5:30 起床。洗濯、掃除、筋トレ、朝食、化粧を済ませて勉強を始める。

10:30 2限。面白くないからしんどかった。終わり次第お昼ごはん食べずにラウンジで勉強した。

14:00 バイト先のスタッフが本国に帰るので、お見送りに行く。ついでにまかないを食べさせてもらう。

16:00 帰宅、だらだらする

16:30 勉強開始

22:00 勉強終わり。ピアノを弾いてからお風呂に入る

00:30 就寝

 

 

自分ってこんなに座りつづけて勉強できるんだ〜意外だった。もっとしましょう

 

大学に入る時に「きっと夏休みは毎年好きな人と夏祭りにいくだろう」という、前向きな希望的観測によって綺麗な浴衣を購入したのですが、日の目を見ること無く3年が経ちました。捕らぬ狸の皮算用とはこのことですね。

1年目は遠距離恋愛で彼氏と日程を合わせて会うことが出来ず、というかそもそも鬱っぽくて絶対人混みの中に行きたくなくてお祭りに行かず。

2年目は彼氏も好きな人もおらず。友達と予定あわず。かといって入ったばっかりのサークルの人達と浴衣着て出かけるテンションにもなれず。そこまで仲良くないし。

3年目、今年。サークル辞めて(というかほぼ縁を切って)友達おらず。学校の友達とは基本的に半年に1回位の頻度でしか予定をあわせられないのでそもそも無理だし(友達が全員学校に来れないような不適合なため予定を合わせるという作業が厳しい)。

という感じ。

真剣にこの3年間を振り返ってみたらなかなか悲しかったので「浴衣着たわたしを連れて歩いてだれか!!!!!!!」ってダダこねてたら理学部の男友達がいいよっていってくれた。神様だ!

 

きちんと仲良い(わたしのことを女としてでなく、まず人間として見てくれている)友達と出かけられるというのは本当にありがたい。中途半端に仲良い知り合いと行って“夏の夜のときめき”みたいなものを感じられたらそれこそ本当にたまったもんじゃないから。こっちが気を使うし。まあサークルと縁を切ったのでもうそういう感じの友達いないんですけどね!

 

雨降ったら泣く

2017/07/09

8時間寝て8時間勉強して8時間遊んだ。

鴨川でろうそくを燃やした。

2年後ぜったい東京にいる

2017/07/08

8:30起床。洗濯を回す。日課の筋トレ。1ヶ月以上続いていて完全に習慣化されてしまっているからやらないとうずうずする。"習慣"にしてしまえれば強いんだなぁと実感。水を買いに行く。スッピンでもサングラスしてればばれない。朝ごはんはグラノーラとヨーグルト。

 

9:30 洗濯物をたたみ、洗濯物を干す。部屋の掃除をする。机の上が本や論文やコピー資料やそんな書類ばっかで何もできないのでお片付け。一息ついたら10:00過ぎていた。10:00から勉強しようと思ってたのに..

 

10:20 勉強

予定がなかったのでだらだらと21:00くらいまで昼寝したりピアノ弾いたり勉強したりしていた。

 

21:00 体を動かしたくなったのでサイクリングに出かける。大好きな深夜徘徊ができて幸せ。今日は鴨川デルタと京大に行った。デルタでは大学生が楽しそうに花火をしていた。花火の煙の匂いが湿っぽい空気に混ざってそこら中に蔓延していて、ああ、なんだこれ、なんか懐かしいなあ。

夜のキャンパスは人が少ないから、自転車で快適に走り回れた。

 

22:30帰宅。お風呂に入って、今日は日付を跨がないように眠る。

なんで人を殴っちゃうのか

ここ3ヶ月で4人の人間を殴った。(物理的ではないです)

 

一人目はわたしに性的な嫌がらせをしてきた先輩。「嫌でした。許せない。」と言ったら「凛子ちゃんがそんなに悩んでいたなんて知らなかった。一人で悩んでいたんだね。気づけ無くてごめんね。」とは、お前誰?って感じのカッコつけて人を見下したような態度で返事をしてきたからボロカスに批判、罵倒して絶縁した。

 

二人目は一番信頼しあって仲良しだった先輩。わたしの本当に広まってほしくなかったいちばん大切な話を飲み会のネタとしてみんなにばらした先輩。ごめんって言いながら「なんで秘密にしないといけないかわからない」「俺は悪くない」「そもそも俺に話さないで欲しかった」って言われて絶望してふざけるなと批判、罵倒して絶縁した。

 

三人目は彼氏。素敵な人だったけど、3週間位付き合ったけど違和感が拭えなくて別れ話をした。すると、その瞬間手のひらを返したように「この俺が振られるなんて思ってなかった」「人のことを振り回しやがって」「もっとメンヘラと付き合いたかった」と言い出した。終いには「この男の俺に恥を欠かせるようなお前は女としてだめだ」みたいなことを言ってきたから本当に死ねよとおもって批判、罵倒して絶縁した。

 

四人目は大好きだった先輩。それは昨日のブログに書いた。ずっと大好きだった。誰よりも一番好きってことを先輩には言っていたし、わたしが先輩のことが大好きってことを、誰よりも先輩がよくわかっていた。それはそれはひどい批判、罵倒をして絶縁した。

 

振り返ったら逆に笑えてくる。どうしてこんなに噛み付いてしまうのか。「あ、さようなら」って諦めて、黙って離れていけばいいのに。どう考えてもエネルギーの無駄なのに。親に対してもそうだった。全部全部全力で噛み付いた。親の誠実でない態度や矛盾した態度にいちいち噛み付いて本気で怒って本気で泣いた。わたしが親の虐待で鬱病になるまで「通じ合えない」と諦めがつかなかった。(親とは絶縁した(心理的に))

 

こんなことを思うのは情けないってわかっているけれど、「俺のことをまっすぐ見て俺に対して期待をしてきちんと批判をしてくれた初めての人だったから大切にしようと思ったし一緒にいたいと思ったんだよ」って言ってくれた昔の彼氏に会いたい

 

相手の幸福を心のそこから祈りあえて、相手の幸福を心のそこから祝いあうことのできる関係以外いらない。そういう純粋なものしか求めていないから。そういうものの存在を信じているし、そういうことができる人間でありたいとわたしは自分自身に期待をしている、わたしは自分のことを信じている。だからきっとわたし以外にもそういうことができる人間がいると信じている。わたしは自分自身を通して、人間を信じているし、人間に対して期待をしている。これがわたしの祈りであり信仰、

 

だから期待を裏切られたら本当に本当に辛くて(今思うと1人目の先輩には最初から期待もしていなかったから種類が違った)どうしようもなくなって殴ってしまう。一人で黙って諦めて、そっと離れることができない。哀しいからやめたいけど、殴らないと気がすまない。誰のためにもならないのに、収めることができない。割り切った振る舞いが出来ない。

 

期待をすべきでない人間に対して期待をしてしまう。心が未熟だから。頭の成熟に心が全然ついてこれていないから。好きだった先輩のことだって、本当に出会った最初の最初から「どう考えても分かり合えないし、絶対にうまくいかない。だから付き合っても無駄だし、どうせ関係が成立しないから付き合ってはいけない。付き合うつもりもない。」って頭でわかっていた。のに心はそれに付随せず、もしかしたらと思って期待しつづけた。分かり合えたらいいのに、と。もし先輩に告白されてたら付き合っていたと思う。どうせうまくいかないとわかっていながらも。

 

頭でわかっていても心がついてこれないのがすごく辛い。

 

わたしは、心の成熟度が頭に追いつくのを待たないといけない。心は全力で動かしていかないと成熟していかない。ぶち当たってぼろぼろになって、またぶちあたってぼろぼろになって、そういう過程を繰り返さないと心は鍛えることができない。だから、これからまた、期待すべきでないと頭でわかっている人間に期待をして、好きになってしまう可能性がある。勘弁して欲しい。どんな人に期待をしてどんな人に惹かれてどんな人を好きになるかを、未熟な心が全て請け負っている。頭じゃどうにもできない

 

頭が心程度の成熟具合だったらきっとこんなこともわからず場当たり的に生きれるのに。無邪気に。ぶつかることを知らずにぶつかるほうがまだ良い。死ぬと思っていない中、いきなり死ぬほうが幸福だ。わたしは、絶対に傷つく、絶対に死ぬとわかりながらその道をあるいて進んで行かざるを得ない。どう考えてもこっちの方がずっとずっと辛い。

 

別にそんなことをしなくても生きていけるのは知ってる

けどわたしは自分に期待をしているから、、、

 

 

読み返したらすごく読みにくい文章だったけどどうでもいいや。