星に願いを、月に祈りを

わたしがいつ何をしたか書いてあります

親を殺した話

 

わたしには親がいません。

わたしが殺したからです。

 

わたしは精神的虐待を受けて生きてきました。暴力も沢山受けました。つらいことが沢山ありました。でも18歳までそれを虐待だとか暴力だとか思わず、普通のことなんだと本気で思って生きてきました。

 

わたしは医者の家系に生まれた、勉強の良くできるお嬢さまでした。金銭面でいえば何不自由なく生きてきました。自分は幸福で、家族に愛されていると思っていました。私は恵まれている。私が不幸なわけがない。わたしが不幸だなんて言ってはいけない。...こういった思いが、強迫的な祈りのようなものであったということに気づいたのは高校3年生の時でした。

 

自分の幸せのために生きようと決心したのもその頃です。わたしは医者を目指していました(医者になる以外の選択肢を与えられてこなかった)が、人間の身体に全く興味を持てず、本当に、本当に医者になりたくありませんでした。いくら社会的地位も高く、年収がいいと言ったって、そんなことどうでもよかった。やりがいがあるなんて言われたけど、それは父親にとってそうであるだけで、わたしには無い。私が興味を持っていたのは人間の身体ではなく、心でした。臨床心理学。わたしは何としてでもこの分野に行きたかった。この学問に惚れていたし、人生を捧げたいと思ったから。(きっと自分のことを知りたいという気持ちもあった)

 

わたしの意思は拒絶され、わたしの受験は誰も応援してくれませんでした。応援してくれないくらいならまだ良かった。全力で邪魔をされました。頭の回転が早く話の面白かった親はその鋭さで、私のことを毎日毎日、朝から晩まで皮肉り、罵倒するようになりました。嫌な顔をすれば暴力。抵抗すればまた暴力。日常生活をすべて監視されるようになりました。外に出ても車で後をつけられました。

 

快活だったわたしは、疲れやすくなり、睡眠を多く必要とするようになり、だんだんと授業を受けることができなくなり、シャーペンを握ることができなくなり、突然涙が流れるようになり、部屋からでることができなくなりました。どうしてもどうしても行きたかった大学、そこへの距離がどんどん遠くなっていくのが辛かった。もうどれだけ動こうとしても身体が動かないのが悲しかった。だんだんと生きている感覚がなくなり、少しずつ死を考えるようになりました。泣いて、泣き疲れて気絶するように寝て、その繰り返し。わたしは、部屋を出ず、床に倒れたまま呼吸だけをしている、廃人のようになっていきました。

 

ある夜、苦しくなって泣けてきて、また泣きました。泣くというか、発狂に近かった。 頭が痛かったし、もう訳がわかりませんでした。辛かった。全部消えればいいと思いました。

母親が部屋に入ってきて、そんなわたしを抱き上げて、肩を抱いて、何の曇りもない素直な瞳で見つめてきました。わたしはもう動く元気もなく、体を預けました。母親の体は暖かかったし、優しかった。顔を見るのは一週間ぶりか。こんなに優しい親もいたっけな。力無いわたしは、頼りたいな、頼れたらいいのにな、甘えれたらいいのにな...と思いました。親は、何日かぶりに姿を見たわたしに、この身も心もボロボロになったわたしに何を言うんだろう。「ごめんね」かな、「一緒にゆっくり頑張ろう」かな.....今思うとこれがわたしが親に抱いた最後の希望でした。

親の口から出た言葉は、

「あなたは何をそんなに苦しんでいるの?」でした。

思考が停止した。意味がわからなかった。頭がおかしいのか?どうしたらそんな言葉を言えるんだ?本気で、わたしがなぜ苦しいのかわかっていないのか?そんなことがありえるのか?本当に医者なのか?本当に親なのか?頭の中が疑問で溢れた。憎い。憎い。憎くて憎くて憎くて憎くて憎くて、本当に憎くて、、絶望した。こんな人間のために死んでたまるか。お前らが死ねよ。毒親

 

 

そんなわけで親はいません。

親は死んだ。あの日にわたしが殺した。

あれが親に対する最後の希望で、最後の絶望だった。

 

あの人たちは、「わたしのお金を払ってくれる人」になりました。

彼らはお金があれば何でも解決すると思っています。成績も学歴も幸せもお金で買えるし、娘との関係もお金で解決できると信じ込んでいます。お金をかけることと、愛しているということが、彼は必要十分条件だと思っているようです。そう思い込んだまま、その調子でわたしの学費と生活費全部払ってくれ。

 

彼らの前で彼ら好みの娘を演じれば生活費と学費を出してもらえる。本質的にパパ活と何一つ変わらない。わたしも嬉しいし、彼らも嬉しい。理想の関係じゃないですか。彼らは本当に良いパパ・良いママですよ。世界一のパパとママだと思います。

 

2017/06/28

7:00 起床。筋トレ、ピアノ、朝食。朝食はグラノーラとヨーグルトとレアチーズタルト。家事と読書をする。

 

9:00 寝坊した友達から電話がかかってくる。1時間半くらい電話する。

 

10:30 2限は休む事にした。勉強する

 

13:00 昼食。サラダと豚肉とトースト。食べ次第勉強再開。3限も休む。

 

15:00 友達と待ち合わせ。パフェを食べる。友達が辛そうにしていたからパフェに誘ったのだ。誕生日プレゼントをもらった。わたしも誕生日プレゼントをあげた。偶然渡す日が同じになった。わたしの誕生日は5月で彼女の誕生日は3月。

人間不信は自分不信、あまりにも純粋なものを求めているから裏切られた時にとてもつらい、みたいな話をした

 

18:00まで読書をした。勉強

 

18:00〜21:00 バイト。スタッフ2人がが客としてきた。今日はその2人しかお客さんが来なかった。ので店長と合わせて4人でおしゃべりしてたらバイトが終わった。賄いを食べて23:00くらいまで4人で話をした。

 

23:00 帰宅、掃除、入浴、

 

湿気った空気が夏を予感させた1日だった。たまらない。、

2017/06/26

25日の夜、友達と電話していたら楽しすぎて、「ちょっと電話してすぐ寝よ!」って言ってたのに気づいたら26日の午前3時になっていた。心の底からお腹が痛くなるくらい笑ったし本当に最高だった。天才なのかアホなのかわからないけどとにかく最高だった。

 

6:30に横浜の友達とモーニングコールし合って起きる予定が、2人とも起床しのが10時過ぎていた。

 

頭痛がしたし色々とめんどくさかったので大学は休むことにした。色々めんどくさかったから頭痛がした説もある。

 

そのままダラダラして夕方からのバイトまで過ごした。ここまで進捗0だしQOLが負の値を取っていて絶望した。

 

医療事務のバイトを終え、飲食のバイト先に向かった。今日はメンバーの1人の留学生が来月に本国に帰ってしまうということで、お別れ会的な催しがあったのだ。私は遅れて参加した。帰国してしまう彼女は、本当に優しく聡明な17歳の女の子だった。また会える気がしているからそんなに寂しくなかった。

 

「ねえ今日花火したい」

「しよう!今日は花火の日だ!」

「だよね、今日はそういう日だよね!」

といって、お別れ会が終わった後、そのままバイト先の友達と2人でコンビニにいき、ちっちゃい400円くらいの花火を購入し、鴨川デルタに向かった。飛び石の上に並んで座って川に足をつけたら丁度いい冷たさだった。好きな音楽をかけながら好きな話をして、2.3本花火をして、石の上に寝転がって、また違う話をして、花火の続きをして...、とだらだら過ごした。

私と彼女は7年来の親友で、中学の時から変わらずこうして一緒に自由に時間を過ごすことができている。幸せなことだ

 

帰り道に、私が、今自分の目の前にある、自分の叶えたいことを告白した。誰にも伝えてなかったことだ。彼女も同じように、彼女の叶えたいことを告白をしてくれた。

わたしにとって、自分の抱えている夢は厳しく、ギリギリ達成できるかどうか緊張感のあるもので、そして彼女のそれは「え?なんでそんなのに尻込みしてるの?」って叶って当然のことのように見えた。

彼女も全く同じことをわたしの夢に対して感じたようで、お互いに笑いながら肩を組んで激励しあった。絶対にやりきりたい

2017/06/25

思考偏重論理先輩に夢中になってから気づいたら1年くらい経っていた

 

その思考偏重論理先輩は中高男子校で恋愛経験0で、全然見た目も一般的にはかっこいい部類じゃなくて、恋愛市場の中では全然って感じなんですが、わたしは世界一惚れてしまってる

私が人生で会った人の中で一番論理的で、自分の思考だけじゃなくて行為言動全部に対して絶対に筋を通していて、かつその制限の中で最大限自分の自由をやっていて、感覚偏重の私には絶対できないことで、だからこそ身につけたいスキルだったからその姿勢に憧れてしまったんですね

もちろん論理的以外にも色々ありますが

 

ずっと、どうやったらそんな論理的な人格になるんだ....すごすぎる...知りたい...と思って先輩の背中を一生懸命追いかけてて、気づいたら憧れなのか恋愛的に好きなのかよくわかんなくなっちゃってました

 

今でもよくわかりません

好意があるのはわかるけどどうなりたいのとかは全然よくわからない

この人とどうなりたい!っていうのが先にあって、それを目指して人間関係を構築していくという感覚が私には無いし、操作的で嫌だなぁとも思うので、付き合いたい云々は興味ないし考える意味もないかな、とも思っている

そんなん後からついてくることだ

 

で残されたのは好き!っていう純粋な好意で、既に10000000回くらい伝えてます。「うん、そうか。」って笑って聞いてくれる(人の話はきちんと聞くという筋を通されている)(人に好かれて悪い気はしないらしい)から、いつも安心して思いっきり純度100%の好意を伝えている

 

いや〜こんな幸せなことはないけど、なんかこれ、なんなんでしょうね......良いけど

 

 

恋愛市場というのが世間の中にあって、その中では(自分で言うのもあれなんですけど、)どうやら私は市場価値が高く、彼はどうやら低いようなのですが、その代替可能性にまみれるクソみたいな世界の外で、好きな人ときちんと人間と人間としてのやりとりができているのでめちゃめちゃ幸福です

2017/06/23

6:30に起きて友達と電話しました。

 

あいにく咳が出て喉の調子が少し悪いですけど精神衛生は今月で一番いいですね。安定感がある。今日は普通に大学に行ってゼミがあってバイトがあって帰宅という感じで勉強の進捗は0なのですが全く辛くない。1秒1秒全部主体的に生きた結果だと思います、たぶん

私が主体的と思えば主体的なのだし幸福ならば何でもいいのだ。

 

ここ何日かすきなことばっかりしてるからでしょうね。すきな人と電話したり、ラインしたり。好きな勉強をして、筋トレも気持ちいいし。集中を切らした時にピアノを弾くのですがそれもとても良い。上手くはないけれど幸せなのです。ああこんな風に生きて生きたい

 

好きな勉強のこと、ほんとうに好きです。こんなに快感を感じることってあるのかしら。好きな勉強をして、好きな人に会って、素敵な景色を見て、素敵な音楽を聴いて、生きていきたい

愛が溢れすぎていきなりだいすき!って好きな人たちにラインをしたい気持ち、流石にしないけど

 

 

勉強始めてからいきなり明るいブログになったな 人生が照らされている ああああああああ幸せすぎてどうしようおかしくなりそう

 

 

明日は地元に帰ります。

実家には帰らんけどな!極秘帰省

2017/06/22

朝6:30に起きて電話して9時から夕方16時までひたすら勉強してた、昨日より質が上がったからよかった

秒単位における質を上げつつ時間も長くとっていきたい

 

バイト先の大先輩が引退なさるということで夜は送別会にいった

勤め先が病院なので当然先生にご馳走になるわけですよご飯が本当に豪華だった

京都の有名なホテルの最上階で1万円のコース料理食べた

フォアグラ、アワビ、牛フィレ肉などなど

14人が7×7で向かい合ってて最後の晩餐みたいな勢いがあった

14万円奢りとか医者ってやっぱお金持ってるんですね

父を客観的に見てる感じです

先生が静かな人だからわりとみんな静かになってしまう

隅っこだったので特に会話せずひたすらにこにこしながら黙々と高級料理を舌でゆっくり味わってたべた

おしゃべりしなかった分深く味わうことができたからよかった

 

おいしいものたべれて幸せだった

だけど多分好きな人とマックとか学食とかいってる方が幸せだなって思った

感情がないですね

友達に会いたい😗

2017/06/21

6:30起床。朝ごはんはヨーグルトとグラノーラ

高校時代の友達とモーニングコールをし合う。高校時代に勝手につけた同級生のアダ名を思い出そうという話になった。思い出してみれば酷い話ばかりで、朝から大笑いした。気づいたら2時間くらい電話していた。久々の電話だったので楽しかった。明日も6時半にね、と約束して電話を切った。高校時代は楽しかった。もし高校時代に戻れるのなら無駄な人とはもっと徹底的に関わるのをやめて友人関係の純度をあげて、余分に生まれた時間を勉強に充てたい。

 

9:00から1時間図書館で勉強した。図書館で勉強をしたのは久しぶりだった。朝の図書館は人が少なくて快適だった。図書館で勉強して気付いたけど、図書館だと本に書き込みができないな。そしてそれが私にはマイナスだった。結局家で自分の持ってる文献使って思う存分書き込んで汚しながらゴリゴリやったほうが絶対身になるなと思った。あとたとえば暑いからって下着姿になっても誰にも見られないし、休憩に腹筋もピアノもできるし、音楽流せるし、仮眠も簡単に取れるし、トイレも近いし、飲み物も飲み放題だし、家最強だな。

 

23限は講義。お昼ご飯はサラダとファミチキ。お昼ご飯は基本1人で食べる。というか大学は入学以来絶対に1人行動をしている。1人の方が楽だ。大学は勉強をする場所だし。人に見られることを全く想定していないから服も適当。近くの席で就活生が大きな声で就活サイト見れば書いてありそうなありきたりなことを大声で自分の知識をひけらかすように話していて本当に見るに耐えなかった。就活めっちゃ大変そうだ。そんなんでいいの...?イキリ就活生見てるのつらいよ。イキリ人間が無理。私も誰かにとっての"無理"だったりするんでしょうか。ご飯を食べたらさっさと教室に行って本を読むことにした。

 

3限終わって帰宅。帰り道に綺麗な紫陽花が咲いていたので撮影した。雨が降ったから綺麗に色づいていた。

勉強してお昼寝。晩御飯はナスの煮浸しと春雨サラダときんぴらごぼう。

 

その後10時ごろまで勉強。昨日レポート書いてた時は15分くらいで集中が切れてしまって、昔の集中力はもう無くなってしまったんだな...って悲しくなってたのに、好きな分野の勉強なら2時間なんて余裕で通しで机に向かえたから驚いた。楽しすぎて興奮する。本当にニヤニヤする。いつまでもやり続けれる。これしかやりたくない。自分の性癖がたまたま学問としてこの世に存在していて本当に良かった。

 

あ、そういえば、息抜きにピアノ弾くの凄く良い。

 

今日から本気の勉強をしてます。目指すは来年夏の院試。このペースでやっていけば集中力も昔の過集中みたいなところまで持っていけると思うしこの初速度を失いたくない。

 

今日は久々に日付越す前に眠れそう。

 

そういえば昨日ニーチェのことを調べてたらかっこいい名言を見つけたから貼っておく

 

Of all that is written, I love only what a person hath written with his blood. Write with blood, and thou wilt find that blood is spirit.

 

- Friedrich Nietzscheニーチェ) -


一切の書かれたもののうち、私はただ、その人がその血をもって書かれたもののみを愛する。血をもって書け。君は、血が精神であることを知るだろう。