2019/08/09

ずっとずっと帰りたかった。ずっと京都の夢を見ていた。もう一度鴨川に足をつけて,夕焼け色に染まる空を見たかった。

 

大学生活の4年間を過ごした京都を離れて5ヶ月,ずっと京都のことが恋しかった。

東京は楽しい。新しい家はすごく素敵だ。大学も楽しい。もちろん研究もたのしい。友達にも恵まれている。会いたいって言ってくれる人がいて,会いたいって思う人がいる。行きつけのスーパーもあるし,お気に入りのレストランもできた。東京に慣れてきたよ,東京は東京で楽しいよってそう言っていた。でも実はそれは言い聞かせていただけで,本当はずっと京都に帰りたかった。

 

やっと帰れた。2日間。あまりにも懐かしかった。離れていたのがたった5ヶ月とは思えなかった。5年振りくらいのような気がする。それくらい恋しくて、この日のことを待ちわびていた。もう本当にずっとずっと帰りたかった。泣きたいくらい。

 

吉田山の向こうから覗く入道雲があまりにも白くて、大きくて。鴨川のせせらぎと一緒に流れていく時間はとてもゆっくりで、心地よくて。喜んだり、悲しんだりしたたくさんの思い出と一緒に、大丈夫だよ、世界はここにあるんだよってもう一度わたしを包み込んでくれた。大学時代、鴨川沿いでたくさん泣いたね。生きるのが苦しくて、怖くて。自分が嫌いで、どうすればいいかわからなくて。この街は、鳥取から出てきた心も体もボロボロの私を、全部包んでまとめて愛してくれた。守ってくれた。世界はわたしと共にあると教えてくれた。だからこそこの場所に帰ったら私はだめに,本当にだめになってしまうと思った。たとえば,時間を持て余して、毎日うたた寝をしてしまうように。そして,だらけて液体になってしまうだろう。今の私にとってはそれはとても良くないなことなのだ。なぜなら私は、健康な状態で、何かに向かって思いっきり走る経験が必要だから。

 

鴨川の水はぬるかった。デルタでは今日も大学生が花火をしていた。相変わらず空は広くて,タクシーの運転は荒かった。みんなみんな前を向いて今の生活を生きていて,京都の人は綺麗だったよ。事実かどうかはどうでもよくて,私にはそう見えた。私だけが後ろを気にしていた。一歩を踏み出すのが怖いんだね。前しか見ないのが怖いんだね。

 

昔憧れていた先輩が「将来どうなりたいか,なんて考えないって決めてるんだ」って言っていたことを思い出して,あぁやっぱりすごいなぁと思う。そう,将来の自分なんて,巡り巡っていつのまにかたどり着くものだ。そういう考え方の方が私にはしっくり来る。

巡り巡ってたどり着く先が京都であるのならば,私はそれを喜んで受け入れましょう。それがアメリカでもドイツでもメキシコでも同じ。だからもう帰りたいなんて思うのはやめた。

本当にさようなら,京都。未熟なわたしもここに置いていかせてほしい。

 

2019/06/19

6:30 起床

最近は毎日この時間帯に起きている。土日もそう。

 

7:00 朝ごはん

ご飯を炊き忘れてしまった。中華風スープを作って,そこに大麦を入れた。

 

8:00 登校

久々に自転車で登校した。朝まだ人が少ないキャンパスをびゅうんと走り抜ける爽快感がたまらない。

 

8:30 講義

疫学の講義。

 

 

特に暇というわけではないのだけれど気分転換にブログを書く。

最近は日が長くて大変にうれしい。わたしは夕方が一番好きで,夏至も近くなってくると夕方の時間がかなり長くなるので,だから私は日が長いことがとても嬉しい。

東京には慣れてきた。不満があるとしたら電車が混んでいることと,あとは綺麗な海や川が無いことかなあ。星が見えないとか。でもその分良いこともたくさんあるので,あまり今は気になっていない。

最近はとても忙しい感じがする。だけど,いろいろな足りなさの原因を「忙しい」に還元してしまうのはとても悔しいので,なるべくそうした考えは持たないようにしている。私のキャパ不足なのだ。慣れていないのだ。と。頑張りすぎるのは良くないが,どこまで頑張ったら心身に影響を及ぼすかは一応心得ているつもりなので,そのへんは大丈夫。

この前,友人と「人に頼るって難しいよね」という話をした。一人で何かに取り組むよりも,誰かに上手く頼って生きていく方がすごく難しく思えるよね,と。人にうまく頼れるようになりたいな。私はすごく苦手なので。というか今書きながら思ったけど,だれかに頼る,というのと同じくらい,誰かに対して,頼りやすいように手を差し伸べるというのも大事なのかもしれない。互いに手を差し出しあって,それで一緒に前に進む,それがいろいろな人とできるようになれば良い。

あじさいの,あの色がついて綺麗な部分は,じつは花ではなく「がく」だったということを知って,じゃあ花はどこにあるんだと,花を探そうと,あじさいをわさわさ探ってみたら,小さくて綺麗な花ががくに隠れてひっそり咲いていた。

2019/04/19

6:45

起床。朝ごはんは中華スープと玄米ご飯。あと,めかぶ。私は海藻がとても好きだ。

 

7:30

洗濯物を干したり,部屋の掃除をしたり,化粧をしたりする。一昨日髪の毛をアッシュグレーに染めたんだけど思ったより茶色っ気が強くてすこし不満。

 

9:30

今日はmura masaってアーティストの曲を聞きながら登校した。ワンピース1枚でも暑く感じるような日だった。いちょうの若葉が日に日に大きくなっていく。黄緑色がかわいい。

 

12:30

お昼ご飯をかきこむ。どれだけ時間が切迫しいても,お昼ご飯はあきらめられない。お腹が空いたらなにも考えられなくなってしまうから。

 

17:00

大学おわり。偶然,恋人と一緒に家まで帰れることになった。たまたま見かけた公園の水飲み場の蛇口が開きっぱなしになっていたから,閉めにいった。ついでにちょっと水遊びもした。

 

18:00

晩ごはん。青椒肉絲たべた。赤パプリカを大きく切りすぎちゃったよ。

 

 

 

 

東京に引っ越してきて1ヶ月が経った。愛着なんてまだ湧いていないけれど,毎日京都のことを,鴨川のことを思い出してしまうけれど,でももうちょっと住めば好きになれる気がしている。生活はすごく楽しい。お弁当をつくることも,ベランダを掃除することも,スーパーまで歩いていくのも,全部全部楽しい。自分が生きているんだってことを感じている。自分の行動が世界に,地球に影響を与えていることを身体で理解できはじめている。健康な状態で思いっきり勉強できている私は,すごく幸せ者だ。だから一生懸命に自分ができることをこなす。いつか出会う誰かのために。いつか何かに直面してしまうだろう自分のために。

2019/01/22

5:00

目が覚めてしまった。けれど布団から出る気にもならない。眠たいのに眠れない。うとうとしながら1時間ぐらい天井を見ていた。

 

8:30

起床。朝ごはんは豆乳スープ,ごはん,ヨーグルト。スーパーで売ってるジャムよりも自分たちで作ったジャムのほうがずっとずっと美味しい。次ジャムを作るのは東京に行ってからになりそうだ。

 

10:30

最後の講義だけどお腹が痛くて結局行かなかった。明日が本当の大学学部最終日だ。明日はレポートの課題内容が発表されるから絶対に行かなければならない。

今日の午前中は引越し業者とのやりとりとかそういった事務作業に徹することにした。

 

13:00

恋人とランチ。お気に入りのタイ料理屋さんまでワクワクしながら歩いて行ったら,店の前にいたおじさんに「今日は定休日です」って言われてしまった。悲しい。あのおじさん誰だったんだろう。

じゃあインドカレーにしよう!っと向かった先も定休日。結局某チキン屋さんに行った。美味しかったので満足。

 

15:00

大学のラウンジに行って,再び引っ越し関連の作業。いろんな会社に電話して見積もりを出してもらって比較して…の繰り返し。引越し,めちゃくちゃ高くてつらい。

 

17:00

ジムに向かう。最近食べ過ぎだから頑張らないといけない。今日はたまたま宇多田ヒカルのツアータオルを持ってきていたので,宇多田ヒカルの曲を聞きながら3.5キロ走った。もちろん筋トレもした。

 

19:00

帰宅。晩御飯は味噌白湯鍋!うどんを入れてさらに美味しい。

Netflixで『けものフレンズ』『かぐやさんは告らせたい』(名前あってるっけ)を見た。

 

21:00

「暇だしクリエイティブな遊びをするか!」ということでトムとジェリーを見ながら粘土遊びをした。眠っている猫を作った。トムとジェリー,今見ても面白い。

 

 

 

もうすぐ京都から離れるということを意識して,最近はなるべく人に会うようにしている。久々に会っても変わらないお調子者っぷりを披露してくれる愛すべき友達もいれば,信じられないクズ野郎になってる奴もいて,その人とは絶縁した。初めて会う人もいた,彼女と会えたのは本当に良かった。それに親友たちとか。2人と離れるのはとてもとても辛い。

 

あと,最近は,自分のことを考えたらなんか苦しくなるからあまり自分の内側に意識を向けないようにしている。言語化とかしなくていい。目を背けて,自分の外にある大事なものを大事にすることに集中する。

 

 

『人生なんてものはただのイメージで,あるのは今日の過ごし方だけ』という宇多田ヒカルさんの言葉を胸に,明日も生きていこうな。

 

2019/01/08

10:00

起床。寝坊してしまった!2限があるのに。

急いで朝ごはん(スープと玄米とヨーグルト)を食べて出発したけれど,結局15分ぐらい遅刻してしまった。

 

12:00

昼食。火曜の講義だけは友達と受けているので,その子と食べる。

私の,数少ない1年生の頃からの友達だ。数少ないというか,大学以降に出会った学内の女友達はこの子しかいない。

彼女は,見た目も中身もすごく可愛い。よく笑うし,話も面白い。いわゆる大阪人っぽい,ってこんな感じなのかな。でもすごく淡々としていてしっかり者だ。私の何倍もの馬力がある。行動力もあるし,頭の回転も早い。いつも何個ものバッテリーを持ち歩いていて,どこか私の見えないところで交換してるんじゃないか?とずっと疑っている。まあとにかく私は彼女のことが大好きなのだ。彼女に会ったら,きっと誰だって彼女のことを好きになるだろうな。

その子とくだらないことを話しながらお昼ご飯を食べた。

午後から講義があるので食べ終わり次第すぐに別れた。

 

13:00

カフェで勉強。

英単語を暗記してから本を読んだ。今はヤスパースの『精神病理学原論』。

 

17:00

ジムに行って運動をした。昨日久々にがっつりとした筋トレをして筋肉痛になっていたので,今日は走るだけにした。

 

18:30

家に帰ったら恋人がカレーを作ってくれていた。彼はすごく料理が上手だ。

彼は月に1回くらいの頻度でカレーを作ってくれるんだけど,めちゃくちゃ美味しい。しかも作るたびにどんどん美味しくなるからすごい。

おいし〜!!!って叫びながら食べた。

食戟のソーマを見始める。明日で三期全部見終わっちゃいそう。

 

24:00

就寝

 

 

 

ゆっくりと日が長くなっている。夕焼けの空の色が冷たいようなあたたかいような不思議な桃色をしていて,思わず立ち止まってしまった。電線越しに見る空が好きだ。夕陽がビルのガラスに反射して,誰もいない裏路地を照らしていた。ちょっと崩れたアスファルトも,道端の雑草も,全部全部綺麗だ。

いつか,こういうものを見ても何も感じなくなってしまったりする日が来るのかな。そんなことを初めて思ったのは中学生の頃で,それからずっと「その日」のことを恐れている。

2019/01/01

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

昨年は自分にとってはかなり節目の年だったと思います。

春に恋人に出会ったこと,秋に院試に合格したこと等。新しい友人との出会いもありました。

色々とお世話になりました。

運良く,恋人と同じタイミングで居住地を東京に移すことになり,今年からどんな生活が始まるのかとても楽しみです。

 

せっかく新年なので今年の抱負的なことを書いてみようかな。

今年は勉強を頑張ります。具体的には専門の臨床心理と英語。やっと勉強できるような精神状態になったので貪欲に,やれるだけやってみようと思います。実習もめちゃくちゃ楽しみ

英語はTOEFLの勉強をします。

あとは沢山の人に会いたいですね。東京に行けば沢山の人に会えるんじゃないかと思って東京に期待している。既に会いたい人が10人を超えている。東京の人たちどうか仲良くしてください。友達になってください。

 

正直新しい環境で慣れないこと・わからないことばかりの大変な1年になるだろうと思います。思い返してみれば大学1年生もあわあわしてる間に終わっちゃったし。時間を大切にしないと…

わたしは結構一人でぐるぐる悩むことが多くてそれで時間を消費しがちなんですけど,今年は内省する時間があれば手を動かせ的な感じでゴリゴリやりたいです〜

 

毎年毎年去年よりも楽しいんですよね

今年にもめっちゃ期待してる,頼んだぞ2019年!

このまま順調な勢いで人生を送って,最終的には心優しいおばあちゃんになりたいですね。それまで生きたい。(これを小学生の頃から延々と主張している)

 

それではそれでは今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

東大臨床心理の院試の勉強法について

東大臨床心理の院試勉強の内容をブログに書いておいたほうが誰かのためになるかな...と思ったので,忘れないうちに書き留めておくことにします.

私自身,外部からの受験ということもあって情報が無くて本当に困ったので.

実は院試についての記事は3ヶ月前にも書いたんですが,私の個人史のような内容だったので,改めて書き直します.

いつかだれかのお役に立てたら幸いです.

 

 

1.自己紹介

現在大学4年,専門は臨床心理ではありません.

したがって,本当に知識0からの受験でした.独学です.併願はしていません.

 

 

2.いつから勉強を始めるか

まず,東京大学の場合,試験が9月中旬,願書提出が6月末(H31の場合)です.

願書提出の際に必要とされている書類に研究計画書が含まれており,この研究計画書の作成に結構時間がかかります.3ヶ月は見ておくべきだと思います.(学部の専門が心理の人は,自分の卒業研究の延長のようなものを書いたりできるので,もう少し楽かもしれません...)

したがって,1年前から初めれば超安心,遅くとも年の始めにはスタートしておきましょう,という感じになるかと思います.

 

 

3.研究計画書を書こう

まず,ciniiやGoogleScholarなどで自分が研究したい分野の先行研究を探して読みます.そして,論文の参考文献から芋づる式に論文を探し出してひたすら読み続けます.50本ぐらい読めば大枠が掴めると思います.

その後,書き始める前に,私は以下の2冊をざっと読んだ気がします.本当に何もわからない状態だったのが多少マシになりました.

 

公認心理師・臨床心理士大学院対策 鉄則10&サンプル18 研究計画書編 (KS専門書)

公認心理師・臨床心理士大学院対策 鉄則10&サンプル18 研究計画書編 (KS専門書)

 
合格ナビ! 臨床心理士指定大学院攻略 〔英語編〕

合格ナビ! 臨床心理士指定大学院攻略 〔英語編〕

 

 

これを読んだ後は,書く→添削してもらう→書く の繰り返しで洗練させていけばいいと思います.本当に,絶対添削してもらうべきです.

 

私はいろいろあって2回研究計画書を書いたんですが,1度目は1月〜3月末の3ヶ月,2度目は5月末〜6月末までの1ヶ月という時間がかかりました.2回目でなぜこんなに早く書けたかというと,添削してくださる先輩と繋がることができたからです...研究計画書を書く際には,絶対に添削に協力してくれる人を探すべきです.

 

 

4.英語はコツコツしよう

英語の問題は,教育学研究科共通の問題です.人文科学系の内容のだいたい200words前後の文章が3題あり,そのうちの2題を選んで90分(もしかしたら2時間だったかも,忘れました)で和訳するものです.問題は和訳のみです.

大体英検1級レベルの単語が出たような気がします.

私は院単を一冊暗記しました.

院単―大学院入試のための必須英単語1800

院単―大学院入試のための必須英単語1800

 

あと,TOEFL対策の本をなにかしら持ってる人は、その本の中で人文系の単語を重点的に覚えるのも良いと思います.

個人的には,以下の本もおすすめします(私がやっておけばよかったなと後悔してる本です).単語だけでなく各分野のトピックを抑えることができます.

テーマ別英単語 ACADEMIC [中級] 01人文・社会科学編

テーマ別英単語 ACADEMIC [中級] 01人文・社会科学編

 
テーマ別英単語 ACADEMIC [上級] 01 人文・社会科学編

テーマ別英単語 ACADEMIC [上級] 01 人文・社会科学編

 

 

心理院単なるものが売っていますが,院試の問題を解くことを第一の目標に据える場合あまり効率が良くないと思うので私はおすすめしません.心理系以外の文章も出ますし,共通問題ということも合って専門用語はそこまで出てこないので.

 

和訳の練習はこれで間に合うと思います.(ちなみにわたしは時間が取れずほぼできませんでした)

基礎英文問題精講 3訂版

基礎英文問題精講 3訂版

 

私は過去問は直前1ヶ月に取っておいて,それまでは,実際の問題と同じような長さの他の人文系の英文を時間内に全訳する練習をしていました,毎日1題ずつぐらいです.

 

 

5.専門科目−心理編−

臨床心理学1 これからの臨床心理学 (臨床心理学をまなぶ)

臨床心理学1 これからの臨床心理学 (臨床心理学をまなぶ)

 
臨床心理学をまなぶ2 実践の基本

臨床心理学をまなぶ2 実践の基本

 
臨床心理学をまなぶ6 質的研究法

臨床心理学をまなぶ6 質的研究法

 
臨床心理学まなぶ4 統合的介入法 (臨床心理学をまなぶ)

臨床心理学まなぶ4 統合的介入法 (臨床心理学をまなぶ)

 
臨床心理学をまなぶ5 コミュニティ・アプローチ

臨床心理学をまなぶ5 コミュニティ・アプローチ

 

問題構成から見るに,専門の問題はおそらく臨床心理コースの教授がそれぞれ1問ずつ作っておられると思います.したがって、上記の本は絶対に読んでおくべきです.ほぼほぼここから出ます.

上記の本を読んで,重要単語はもちろん,背景となっている考え方を頭に入れて,論述できるようにしておくべきです.

しかし,上記には高橋先生と滝沢先生と野中先生の著作は含まれていません.したがって,高橋先生が作成される問題の対策のために,企業におけるメンタルヘルス産業心理学を学んでおくこと,滝沢先生の場合は,バイオマーカーを用いる研究や精神医学との関連などを抑えておくこと(先生の研究室のサイトに行って先生がどのような研究をされている/目指しておられるかをチェックすること),野中先生の場合は,精神疾患や各発達障害の特徴,介入方法,介入における留意点などを抑えておくことが必要だと思います.

 

わたしの場合,過去問を10年分持っていましたので,10年分全ての問題の解答をwordで作成し,例題をさらに20年分位つくって,全部自分で解答を書き,これを4月末までに終わらせ,4月以降はひたすらそれを暗記する(ひたすら書いて手に憶えさせる)計画でした.・・・

結局いろいろあって,過去問に触り始めたのが8月からで,どうにか例題20年分相当を作成して全部解答を作るまではいったんですけど,作成し終わったのが試験前日の夜22時で「計画〜w」とか言って爆笑しながら印刷しました(印刷したら試験会場で読めるので)(暗記に時間をあてることがほぼできなかったので,本当に本当に絶対に落ちると思いました.)

 

当初の計画通りだったら,かなり自信を持って受けることができたと思います...

 

けど一応受かってるので,これまでやってきた例題を作ったり解答を考えたりする行為が結構良い勉強になってたんだと思います.この30年分ぐらいの文章,連絡していただければ全然譲渡するのですが,今振り返ってみると,正直これを自力で作成するプロセスが重要だったと思うので,あんまりおすすめしません...ぜんぜん譲渡しますが!

 

 

 

 6.専門科目―統計編−

南風原先生が問題を作成されてます.

わたしはまずこの本

よくわかる心理統計 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

よくわかる心理統計 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

 

を冬休みの間に読みました.サラッと読んで雰囲気を掴むだけです.

その後,春ごろから(これは理想で,私が始めたのは8月からでした.8月からでは絶対に絶対に遅いと思います,本当に絶望してました)

臨床心理学をまなぶシリーズの『量的研究法』と『心理統計学の基礎』を読みながら,過去問を解きつつ,例題を作りつつ,例題の解答を作りつつ,暗記する,という方法を取りました.

臨床心理学をまなぶ7 量的研究法

臨床心理学をまなぶ7 量的研究法

 
心理統計学の基礎―統合的理解のために (有斐閣アルマ)

心理統計学の基礎―統合的理解のために (有斐閣アルマ)

 

また,上記の南風原先生の『心理統計学の基礎』と完全対応しているワークブックもあります.

心理統計学ワークブック―理解の確認と深化のために

心理統計学ワークブック―理解の確認と深化のために

 

計算問題が多く,かなり難易度が高いです.当初はこれを何周かする予定でしたが,私は計画が死んでいたので,この本に取り組むのを諦め,単語の暗記で闘いました(実際,過去に計算問題が出題された試しがないので,個人的には,計算の演習は超重要,とまではいかないと思います,あくまでも概念を理解するのが先でしょう).

ちなみに,東大院生のアシリスさんのブログでは

理解するには,最低3周。自分のものにするには7周以上した方が良いでしょう。
この7周というのは,内部生も苦戦し,平均すると7周くらい繰り返していたことから出た数字です。 

 と書かれています.わたしの知り合いの先輩もこのワークブックを使ったといっておられました.したがって,このワークブックはやって損することは絶対に無いですし,時間が許すのならば解いておくべきだと思います.

 

『続・心理統計学の基礎』というのもあるのですが,ここまでの問題は出ないので読まなくても大丈夫だと思います.

続・心理統計学の基礎--統合的理解を広げ深める (有斐閣アルマ)

続・心理統計学の基礎--統合的理解を広げ深める (有斐閣アルマ)

 

 

追記:

南風原先生は来年から問題を作成されないようです.(現役東大院生が教える心理学さんを参照)

 

 

7.面接

①なぜ臨床心理士を目指すのか?
②なぜ他でもないこの東京大学の大学院に?
③この研究のポイントは何か?
④(研究計画書について)なぜこの手法をとるか?
⑤この研究はどう役に立つのか?
ということは絶対訊かれるだろうな〜と思って,なんとなく答えを箇条書きにしたりしていましたが,言うセリフをかっちり決めて憶えたりはしませんでした.その場で心に思い浮かんだことを素直に言えば大丈夫だと思います(私が面接であまり緊張しないタイプなのでそうなのかもしれません...)
というか,教授の方々は人をみるプロなので取り繕っても無駄だと思います.
 
面接は大体10分程度で,臨床心理コースの教授陣全員と自分ひとり,という形です.
私のときは,面接で25人から14人まで削られましたので,一次で通っても気は抜けません.
 
本番では,上記の①,②,③と,あとは私の出身学部が珍しい学部だったので,その分野から臨床心理へ移ろうと思った理由と,修士ではどんなことを学びたいかということを訊かれました.
 
 
8.KALS,Z会などの利用は必要か
個人的には不必要だと思います.
東大の先生方が書かれた教科書から問題が出題されるとわかっているので,それらを使って勉強するのが一番の近道だと思います.
 
 
 
 
こんな感じでしょうか.なにか質問があれば lic0.saturn@gmail.com へどうぞ.
ではでは.