読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死と愛

生きていた記録

2017/03/02

自らの恐怖、不安を押し付けてくる人がいる。自分が世界の中心とでも思っているのだろうか。そんな振る舞いが許されるのは子どもだけだ。いや、もしかすると自我がまだ目覚めていない場合もある。それなら自分が世界だと思ってしまっても仕方があるまい。他…

2017/02/24

起床。昨日アルコールを飲んだので身体が重い。 住民票を移すために市役所に行くが、書類を書いている途中に面倒くさくなってしまい、結局断念した。もういいやと思って紙を破ったら、受付のお兄さんがすごく驚いた表情で私を見た。 午後は私の恩師である先…

2017/02/20

7時に起きた。隣には女友達が寝ていた。昨夜はサークルの飲み会があって、終電を逃した友達を泊めてあげた。 雨が降っていた。テニスはできそうにないから行くのを断念した。運動したい気分だったのに残念だ。読書をしていたらいつの間にか寝てしまっていて…

2017/02/19

5時半に起きる。 仲が良い先輩と、都会の街並みの中を歩く夢を見た。都会なのに街にはあんまり人がいなかったので、不気味だった。 衝動的に大阪に向かう。電車の中から見る住宅街は朝日に照らされてキラキラしていた。柴犬を散歩させるおじさん、洗濯を干す…

2017/02/18

朝6時に起き、7時半のバスに乗り、8時半にテニスコートに着く。そして18時までサークルの人たちと断続的にテニスをした。 サークルの人たちといる時は、内向的な部分を社交性でカバーすると決めているが、今日は珍しく上手くカバーしきれなかった。残念だけ…

2017/02/17

5時に目が覚める。今日はバイトを二つはしごするから多めに寝ておかないと途中で倒れると思い二度寝。 飲食のバイトに行く。お客さんは2人しか来なかった。ひまだったので早上がりになった。 次のバイトまで2時間くらい時間があったので、本屋に行った。いつ…

2017/02/16

朝7時に起きて料理洗濯を済ませ8時から13時まで心理学の本を読んだ。 午後からはテニスをした。春風が吹いていた。運動するにはこれくらいの気温が一番良い。ここの街は、夏は暑すぎるし冬は寒すぎる。 夜は先輩に連れられて飲み会に行った。体調はあまりよ…

2017/02/15

起きた。気怠い。生理前だからだろう。こんな白昼夢のような日々があと1週間くらい続くのかと思うと少し絶望的な気持ちになる。頭を動かしたくても動かせないというのは、こんなにも辛いことなのか。 眠い。1時間半本を読み、突然眠気に襲われ気絶するかのよ…

2017/02/14

朝起きて、適当に家事をした。晴れ。寒い。 午前の記憶があまりない。きっと何も考えず過ごしたのだろう。 15時から17時までサークルに顔を出してテニスをし、帰りは途中まで先輩や友達と帰った。お気に入りの人たちに会えたので、今日はそれだけで充分に満…

2017/02/13

朝帰り。 11時から友達と遊ぶ予定があったので帰ってすぐシャワーを浴びてすぐに出発。まあ、遊びは、可もなく不可もなくといった感じだった。 帰り道、男1女2になる。自分以外の2人がちょっと良い感じという噂を聞いたことがあったので「あ、私は帰るね」と…

2017/02/12

寒い。 夜、顔のいい女友達に連れられ、相席屋に行ってきた。食べ飲み放題で、男性は30分1500円、女性はいつまでいても無料、という価格設定だった。"女であること"が、お金と等価であるものとして扱われる世界。約3時間、わたしは消費の対象としてそこに存…