星に願いを、月に祈りを

わたしがいつ何をしたか書いてあります。みなさんの生活に全く関係のないことです。

なんで人を殴っちゃうのか

ここ3ヶ月で4人の人間を殴った。(物理的ではないです)

 

一人目はわたしに性的な嫌がらせをしてきた先輩。「嫌でした。許せない。」と言ったら「凛子ちゃんがそんなに悩んでいたなんて知らなかった。一人で悩んでいたんだね。気づけ無くてごめんね。」とは、お前誰?って感じのカッコつけて人を見下したような態度で返事をしてきたからボロカスに批判、罵倒して絶縁した。

 

二人目は一番信頼しあって仲良しだった先輩。わたしの本当に広まってほしくなかったいちばん大切な話を飲み会のネタとしてみんなにばらした先輩。ごめんって言いながら「なんで秘密にしないといけないかわからない」「俺は悪くない」「そもそも俺に話さないで欲しかった」って言われて絶望してふざけるなと批判、罵倒して絶縁した。

 

三人目は彼氏。素敵な人だったけど、3週間位付き合ったけど違和感が拭えなくて別れ話をした。すると、その瞬間手のひらを返したように「この俺が振られるなんて思ってなかった」「人のことを振り回しやがって」「もっとメンヘラと付き合いたかった」と言い出した。終いには「この男の俺に恥を欠かせるようなお前は女としてだめだ」みたいなことを言ってきたから本当に死ねよとおもって批判、罵倒して絶縁した。

 

四人目は大好きだった先輩。それは昨日のブログに書いた。ずっと大好きだった。誰よりも一番好きってことを先輩には言っていたし、わたしが先輩のことが大好きってことを、誰よりも先輩がよくわかっていた。それはそれはひどい批判、罵倒をして絶縁した。

 

振り返ったら逆に笑えてくる。どうしてこんなに噛み付いてしまうのか。「あ、さようなら」って諦めて、黙って離れていけばいいのに。どう考えてもエネルギーの無駄なのに。親に対してもそうだった。全部全部全力で噛み付いた。親の誠実でない態度や矛盾した態度にいちいち噛み付いて本気で怒って本気で泣いた。わたしが親の虐待で鬱病になるまで「通じ合えない」と諦めがつかなかった。(親とは絶縁した(心理的に))

 

こんなことを思うのは情けないってわかっているけれど、「俺のことをまっすぐ見て俺に対して期待をしてきちんと批判をしてくれた初めての人だったから大切にしようと思ったし一緒にいたいと思ったんだよ」って言ってくれた昔の彼氏に会いたい

 

相手の幸福を心のそこから祈りあえて、相手の幸福を心のそこから祝いあうことのできる関係以外いらない。そういう純粋なものしか求めていないから。そういうものの存在を信じているし、そういうことができる人間でありたいとわたしは自分自身に期待をしている、わたしは自分のことを信じている。だからきっとわたし以外にもそういうことができる人間がいると信じている。わたしは自分自身を通して、人間を信じているし、人間に対して期待をしている。これがわたしの祈りであり信仰、

 

だから期待を裏切られたら本当に本当に辛くて(今思うと1人目の先輩には最初から期待もしていなかったから種類が違った)どうしようもなくなって殴ってしまう。一人で黙って諦めて、そっと離れることができない。哀しいからやめたいけど、殴らないと気がすまない。誰のためにもならないのに、収めることができない。割り切った振る舞いが出来ない。

 

期待をすべきでない人間に対して期待をしてしまう。心が未熟だから。頭の成熟に心が全然ついてこれていないから。好きだった先輩のことだって、本当に出会った最初の最初から「どう考えても分かり合えないし、絶対にうまくいかない。だから付き合っても無駄だし、どうせ関係が成立しないから付き合ってはいけない。付き合うつもりもない。」って頭でわかっていた。のに心はそれに付随せず、もしかしたらと思って期待しつづけた。分かり合えたらいいのに、と。もし先輩に告白されてたら付き合っていたと思う。どうせうまくいかないとわかっていながらも。

 

頭でわかっていても心がついてこれないのがすごく辛い。

 

わたしは、心の成熟度が頭に追いつくのを待たないといけない。心は全力で動かしていかないと成熟していかない。ぶち当たってぼろぼろになって、またぶちあたってぼろぼろになって、そういう過程を繰り返さないと心は鍛えることができない。だから、これからまた、期待すべきでないと頭でわかっている人間に期待をして、好きになってしまう可能性がある。勘弁して欲しい。どんな人に期待をしてどんな人に惹かれてどんな人を好きになるかを、未熟な心が全て請け負っている。頭じゃどうにもできない

 

頭が心程度の成熟具合だったらきっとこんなこともわからず場当たり的に生きれるのに。無邪気に。ぶつかることを知らずにぶつかるほうがまだ良い。死ぬと思っていない中、いきなり死ぬほうが幸福だ。わたしは、絶対に傷つく、絶対に死ぬとわかりながらその道をあるいて進んで行かざるを得ない。どう考えてもこっちの方がずっとずっと辛い。

 

別にそんなことをしなくても生きていけるのは知ってる

けどわたしは自分に期待をしているから、、、

 

 

読み返したらすごく読みにくい文章だったけどどうでもいいや。

 

広告を非表示にする