星に願いを、月に祈りを

わたしがいつ何をしたか書いてあります。みなさんの生活に全く関係のないことです。

2017/07/11

5:30 起床。洗濯、掃除、筋トレ、朝食、化粧を済ませて勉強を始める。

10:30 2限。面白くないからしんどかった。終わり次第お昼ごはん食べずにラウンジで勉強した。

14:00 バイト先のスタッフが本国に帰るので、お見送りに行く。ついでにまかないを食べさせてもらう。

16:00 帰宅、だらだらする

16:30 勉強開始

22:00 勉強終わり。ピアノを弾いてからお風呂に入る

00:30 就寝

 

 

自分ってこんなに座りつづけて勉強できるんだ〜意外だった。もっとしましょう

 

大学に入る時に「きっと夏休みは毎年好きな人と夏祭りにいくだろう」という、前向きな希望的観測によって綺麗な浴衣を購入したのですが、日の目を見ること無く3年が経ちました。捕らぬ狸の皮算用とはこのことですね。

1年目は遠距離恋愛で彼氏と日程を合わせて会うことが出来ず、というかそもそも鬱っぽくて絶対人混みの中に行きたくなくてお祭りに行かず。

2年目は彼氏も好きな人もおらず。友達と予定あわず。かといって入ったばっかりのサークルの人達と浴衣着て出かけるテンションにもなれず。そこまで仲良くないし。

3年目、今年。サークル辞めて(というかほぼ縁を切って)友達おらず。学校の友達とは基本的に半年に1回位の頻度でしか予定をあわせられないのでそもそも無理だし(友達が全員学校に来れないような不適合なため予定を合わせるという作業が厳しい)。

という感じ。

真剣にこの3年間を振り返ってみたらなかなか悲しかったので「浴衣着たわたしを連れて歩いてだれか!!!!!!!」ってダダこねてたら理学部の男友達がいいよっていってくれた。神様だ!

 

きちんと仲良い(わたしのことを女としてでなく、まず人間として見てくれている)友達と出かけられるというのは本当にありがたい。中途半端に仲良い知り合いと行って“夏の夜のときめき”みたいなものを感じられたらそれこそ本当にたまったもんじゃないから。こっちが気を使うし。まあサークルと縁を切ったのでもうそういう感じの友達いないんですけどね!

 

雨降ったら泣く