星に願いを、月に祈りを

わたしがいつ何をしたか書いてあります。みなさんの生活に全く関係のないことです。

2018/02/17

7:30

起床。腹痛があるため、今日はランニングは控える。掃除をした。

 

8:00

朝ごはん。りんご、ヨーグルト、トマトとらっきょうのサラダ、オムレツ。

 

9:00

心理統計の本を読んで勉強。

 

13:00

昼ごはん。どうしても白和えを食べたい気持ちになってしまったので白和えを食べた。あとはご飯、納豆、鶏肉のトマト煮。和食になりきれない感じ。

 

15:00

藤井くんが羽生さんに勝ったニュースや羽生くんが金メダルを取ったニュースをスマホでだらだら見ていたら高校時代の同級生から電話がかかってきた。

 

18:00

あまり気分がよくないので散歩も兼ねて銭湯に行った。

 

20:30

帰り道にちょっとお高めのスーパーに寄った。最近、閉店間際にここに来て半額になったフルーツや野菜を買うのが楽しみになっている。今日はメロンを150円で買えた。マダムが沢山やってくるスーパーのメロンなのでたぶん美味しいメロンだと思う。明日の朝食べるのが今から楽しみ。

 

 

 

今日はなんだか1日鬱々としていた。お腹の調子が悪かったら全部だめになってしまう。天気が曇りだったのも良くなかったのかな。家から出なかったのが良くなかったのかな。あんまり勉強しなかったのが良くなかったのかな。原因探しはやめようか。今日という日にもうあまり時間は残されてないので、残りの時間を大切にして、明日のことを考えよう。

 

高校時代の同級生からの電話は、就活の愚痴だった。学校で開催されている企業の面接練習会?に行ってきたが、あまりにも虚無すぎる、ということだった。

自分のことを話せ、と言われて誠心誠意、自分の人生のこと(家族とうまく行かなかったがそれをきっかけに人間関係についてしっかり考えるようになり、自分の振る舞いを意識するようになった的な話)について語ったら「家庭環境が悪いことだったりとか、精神的にふさぎ込んだ時期があったとかは人事受け悪いから言わないほうが良いよ、ただでさえ君は哲学専攻なんだから・・・君って売りが何も無いよね」と言われて「じゃあ何を言えっちゅうねん」となったらしい。

企業はとにかく「爽やか」な人材を求めていて、その人間像に当てはまるように自分を変えろ、自分の見せ方を変えろ、自分を偽れ、ということを徹底的に言われるらしく、「本当に虚無だ・・・」と言っていた。話を聞く限り本当に虚無を感じた。

 

「『僕は文武両道の人間です!』と言い切った男がさ、人事の人に「君、爽やかでいいね〜!君みたいな人にはうちの二次に来てほしいね〜!」って言われてたんだけど、私は絶対にアイツおもんないと思ったんだよね。そんなこと自称するやつのこと面白いと思うか?信じられるか?」

 

「だいたい、大学のゼミで何をやっているのか簡単に説明してください、って無理じゃね?(笑) ベルクソンのことをやってて...(略)...ってだいぶ端折って噛み砕いて簡単に説明したんだけど(本当に簡単な説明だった)、首かしげられてマジでキレそうになったわ」

 

とまぁそんな感じでフラストレーション炸裂だった。彼女はかなりメンタルが強い方なのにそれでもこんなに精神的にストレスかかってるのなら、普通の子やメンタル弱い子とか大変そうだな〜となった。

 

 

 

そういえば今日は久々に京都で雪が降りました。もしかしたら今シーズン最後の雪だったりするのかもなぁ、と少しだけしんみりした。おやすみなさい。